信用情報の確認

郵送開示をご利用にあたっての注意事項

開示書の送付先は現住所宛てとなります

  • ・開示書は、原則、ご本人様の現住所宛てに「転送不要」の簡易書留(親展)で郵送いたします。
    郵便局に転居届を出している場合でも転居先住所には送付されませんのでご注意ください。
  • ・現住所以外への送付を希望される場合は、本人限定受取郵便(郵送オプション)を選択いただき、ご本人が直接受け取れる郵送先を指定ください。
    送付先住所と本人確認書類の住所が異なる場合、郵便局によっては、開示書が受け取れないケースがありますので、本人限定受取郵便(特例型)を受け取る際の必要書類について、事前に最寄りの郵便局へ確認のうえお申し込みください。

申込書の内容について

  • ・申込書の生年月日・郵便番号に記入漏れや本人確認書類と相違がある場合は、本人確認書類の内容に基づいて情報を検索します。
    ※郵送先住所は、郵便番号で確認できる町域名の範囲に限ります。
  • ・外国人の方のアルファベット氏名について、本人確認書類記載の氏名とご本人が入力した氏名の並び順が相違している場合は、本人確認書類記載通りのアルファベット氏名でも情報を検索します。

登録情報と一致しない場合、
開示されないことがあります

申込書にご記入いただいた情報(郵便番号、電話番号、運転免許証番号等)が登録情報と一致しない場合は、開示対象とならない場合がございます。

本人限定受取郵便や速達をご希望の場合は
別途手数料が必要です

  • ・本人限定受取郵便での受け取りをご希望の場合
    手数料 : 300円(税込)
  • ・速達での受け取りをご希望の場合
    手数料 : 300円(税込)
  • ・本人限定受取郵便でかつ速達での受け取りをご希望の場合
    手数料 : 300円 + 300円 = 600円(税込)

お支払い方法はクレジットカードまたは
定額小為替証書に限ります

開示手数料のお支払いに関しては、クレジットカードまたは定額小為替証書でのお支払いのみとし、その他(切手、印紙、現金等)の同封があった場合は、申込書類と併せてそのままご返却いたします。

手数料が同封(定額小為替証書またはクレジットカードのお支払い票)されていない場合は、申込書類をご返却いたします。

手数料(定額小為替証書)は過不足のない金額で
ご送付ください

手数料(定額小為替証書)に過不足があった場合は、以下のようにお取り扱いさせていただきます。


手数料に超過があった場合
・超過分を切手でお返しいたします。
「本人限定受取郵便」「速達」の手数料に不足があった場合
・「速達」の希望があり、追加分の手数料が同封されていない場合
現住所(郵送先住所)に開示書を簡易書留(親展)・転送不要で郵送いたします。
・「本人限定受取郵便」の希望があり、追加分の手数料が同封されていない場合
現住所(郵送先住所)に申込書類を返却いたします。
・「本人限定受取郵便」と「速達」の両方を希望があり、300円の追加分手数料しか同封されていない場合
本人限定受取郵便(特例型)で郵送いたします。

ご提出いただいた書類は返却できません。

ご提出いただいた本人確認書類や委任状等の書類はご返却できませんのでご了承ください。

お申し込みはキャンセルできません。

お申し込み受付後のキャンセルはできませんのでご了承ください。