情報開示手続き等のご案内
HOME > 情報開示手続き等のご案内 > 信用情報の開示手続き > 亡くなられた方の開示手続き

ご本人が亡くなっている場合の開示手続き

亡くなられた方の開示手続き

亡くなられた方の信用情報については、法定相続人、配偶者または2親等以内の血族の方が開示手続きを行うことができます。

 ⇒2親等以内とは?

また、法定相続人、配偶者または2親等以内の血族の方から委任を受けた弁護士・司法書士についても開示手続きが可能です。

郵送によるお手続きについてはこちら
窓口でのお手続きについてはこちら
弁護士・司法書士の方のお手続きについてはこちら

郵送によるお手続きの場合

必要書類

信用情報開示申込書、手数料、お手続きされる方の本人確認書類のほか、法定相続人、配偶者または2親等以内の血族であることが分かる戸籍謄本(または抄本)等と、ご本人(開示対象者)が亡くなっている事実がわかる公的書類(戸籍謄本(または抄本)、除籍謄本等)が必要です。


1.信用情報開示申込書(ご本人が亡くなられている場合)[PDF:554KB]

※郵送による開示手続きに必要な開示申込書は、必要の都度、当ホームページより最新の申込書をご利用ください。
最新の申込書でない場合、再度、手続きをお願いする場合がありますのでご注意ください。


2.手数料

1,000円(税込)

※お名前ごとに開示手数料が必要です。

※ゆうちょ銀行または郵便局で発行している定額小為替証書1,000円分(額面)をお求めのうえお送りください。

※ご購入の際には、額面金額とは別に手数料がかかります。

※有効期限内(発行日から6ヵ月以内)のものをご送付ください。

※記入欄には何も記入せず、そのままご送付ください。

※登録情報がない場合でも手数料はお返しできませんので、ご了承ください。


 3.お手続きされる方の本人確認書類

本人確認書類は日本国内の官公庁等(健康保険組合を含み、外国政府機関を除く)が発行したもので、現在有効なものに限ります。
本人確認書類に本籍地、個人番号、基礎年金番号が記載されている場合は、お手数ですが塗りつぶしてお送りください。
該当部分に塗りつぶしがないものについては、当社で本人確認書類の確認段階において塗りつぶしの処理をいたします。
※誤ってマイナンバーカード(個人番号カード)の裏面や通知カードのコピーを送付された場合は廃棄いたします。

お手続きされる方の本人確認書類は、下記から1点を同封してください。

種類 注意事項

1.運転免許証または運転経歴証明書

裏面に記載がある場合は両面コピー

2.パスポート

写真掲載のページ及び住所記載のページをコピー

3.写真付住民基本台帳カード

裏面に記載がある場合は両面コピー

4.マイナンバーカード(個人番号カード)

表面のみコピー※通知カードは本人確認書類として利用できません。

5.在留カードまたは特別永住者証明書

裏面に記載がある場合は両面コピー

6.各種障がい者手帳

氏名・生年月日・住所欄をコピー

7.各種保険証

氏名・生年月日・住所欄をコピー

8.各種年金手帳

氏名・生年月日・住所欄をコピー

9.住民票(発行日から3ヵ月以内)

原本またはコピー(本籍地・個人番号の記載がないもの)

10.印鑑登録証明書(発行日から3ヵ月以内)

原本またはコピー
※申込書にご記入いただいた現住所が記載されているものを同封してください。



4.お手続きされる方の親族関係が確認できる書類

亡くなられた方の法定相続人、配偶者または2親等以内の血族であることがわかる書類(戸籍謄本(または抄本)等、発行日から3ヵ月以内の原本またはコピー)をご送付ください。


5.ご本人(開示対象者)が亡くなられていることが確認できる書類

・戸籍謄本(または抄本)、または除籍謄本(死亡が確認できる、発行日から3ヵ月以内の原本またはコピー)をご送付ください。

・旧氏名(別名)での登録情報の開示をご希望の場合は、現氏名と旧氏名(別名)のつながりがわかる本人確認書類(「戸籍謄本(または抄本)」等)も必ずご送付ください。


※ 法務局発行の「法定相続情報一覧図」(登記官の認証文言付きの書類)をご利用になる場合
法務局発行の「法定相続情報一覧図」(登記官の認証文言付きの書類原本またはコピー)をご提出いただく場合は、上記「4.お手続きされる方の親族関係が確認できる書類」および「5.ご本人(開示対象者)が亡くなられていることが確認できる書類」としての「戸籍謄本(または抄本)、または除籍謄本」のご提出は原則不要です。
法務局発行の「法定相続情報一覧図」(登記官の認証文言付きの書類原本またはコピー)の取得方法および制度の詳細については、法務省のホームページをご参照ください。
「法定相続情報証明制度」について(法務省)

個人情報の取り扱いについて

・ご提出いただいた書類に記載の個人情報および本人確認書類については、信用情報開示以外の目的には一切利用いたしません。

・ご提出いただいた書類は3ヵ月以内に廃棄いたします。

信用情報開示申込に関わる承諾事項

・ご提出いただいた書類等は返却できません。

・お申込み後のキャンセルはできません。

・必要書類等に不備または不足がある場合は受付できません(書類等を返送いたします)。

書類送付先

 〒530-0003
 大阪府大阪市北区堂島1-5-30 堂島プラザビル6階
 株式会社日本信用情報機構 開示窓口宛

開示結果の送付

開示結果は、現住所へ「簡易書留(親展)」「転送不要」で送付いたします。
申込書類をご送付いただいてから開示結果の到着まで1週間から10日程度かかります。


※郵送(「簡易書留」または「本人限定受取」)でお送りした開示結果は、必ずお受け取りください。
万一、お受け取りになられず、郵便局の保管期間が経過(JICCに返送)した場合の再送付についてはJICCまでお問い合わせください。


【注意事項】

複数氏名での開示手続きをご希望の方
複数氏名(現姓と旧姓など)での開示をご希望の場合、お名前ごとに開示手数料が必要です。


開示結果を本人限定受取や速達での受け取りをご希望の方
所定のお手数料をお支払いただくことにより、速達、本人限定受取郵便で開示結果をお受取いただけます。
詳しくはこちら


窓口でのお手続きの場合

必要書類

信用情報開示申込書、手数料、お手続きされる方の本人確認書類のほか、法定相続人、配偶者または2親等以内の血族であることが分かる戸籍謄本(または抄本)等と、ご本人(開示対象者)が亡くなっている事実がわかる公的書類(戸籍謄本(または抄本)、除籍謄本等)が必要です。

1.信用情報開示申込書(ご本人が亡くなられている場合)

※窓口に備え付けの申込書にご記入いただきます。


2.手数料

現金500円(税込)
※お名前ごとに開示手数料が必要です。
※登録情報がない場合でも手数料はお返しできませんので、ご了承ください。


 3.お手続きされる方の本人確認書類

本人確認書類は日本国内の官公庁等(健康保険組合を含み、外国政府機関を除く)が発行したもので、現在有効な原本に限ります。

お手続きされる方の本人確認書類は、下記から1点をお持ちください。

種類

1.運転免許証または運転経歴証明書

2.パスポート

3.写真付住民基本台帳カード

4.マイナンバーカード(個人番号カード)
※通知カードは本人確認書類として利用できません。

5.在留カードまたは特別永住者証明書

6.各種障がい者手帳

7.各種保険証

8.各種年金手帳

9.住民票(発行日から3ヵ月以内)

10. 印鑑登録証明書(発行日から3ヵ月以内)



4.お手続きされる方の親族関係が確認できる書類

亡くなられた方の法定相続人、配偶者または2親等以内の血族であることがわかる書類(戸籍謄本(または抄本)等、発行日から3ヵ月以内の原本)をお持ちください。


5.ご本人(開示対象者)が亡くなられていることが確認できる書類

戸籍謄本(または抄本)、または除籍謄本(死亡が確認できる、発行日から3ヵ月以内の原本)をお持ちください。



※ 法務局発行の「法定相続情報一覧図」(登記官の認証文言付きの書類)をご利用になる場合
法務局発行の「法定相続情報一覧図」(登記官の認証文言付きの書類原本)をご提出いただく場合は、上記「4.お手続きされる方の親族関係が確認できる書類」および「5.ご本人(開示対象者)が亡くなられていることが確認できる書類」としての「戸籍謄本(または抄本)、または除籍謄本」のご提出は原則不要です。
法務局発行の「法定相続情報一覧図」(登記官の認証文言付きの書類原本)の取得方法および制度の詳細については、法務省のホームページをご参照ください。
「法定相続情報証明制度」について(法務省)



ご親族の依頼によりお手続きされる弁護士・司法書士の方

亡くなられた方の法定相続人、配偶者または2親等以内の血族の方の委任をうけた弁護士・司法書士の方も開示手続きができます。

必要書類は以下のとおりです。

郵送の場合

 1.信用情報開示申込書(ご本人が亡くなられている場合)[PDF:575KB]

 2.亡くなられた方(開示対象者)の戸籍謄本(または抄本)、または除籍謄本

死亡除籍が確認できる発行日から3ヵ月以内の原本またはコピー

※旧氏名(別名)での登録情報の開示をご希望の場合は、現氏名と旧氏名(別名)のつながりがわかる本人確認書類(「戸籍謄本(または抄本)等」)も必ずご送付ください。


 3.ご親族の確認書類

戸籍謄本(または抄本)等亡くなられた方の法定相続人、配偶者または2親等以内の血族であることがわかる書類。

※「2.亡くなられた方(開示対象者)の戸籍謄本(または抄本)、または除籍謄本」と兼用可能です。


※ 法務局発行の「法定相続情報一覧図」(登記官の認証文言付きの書類)をご利用になる場合
法務局発行の「法定相続情報一覧図」(登記官の認証文言付きの書類原本またはコピー)をご提出いただく場合は、上記「2.亡くなられた方(開示対象者)の戸籍謄本(または抄本)、または除籍謄本」および「3.ご親族の確認書類」としての「戸籍謄本(または抄本)、または除籍謄本」のご提出は原則不要です。
法務局発行の「法定相続情報一覧図」(登記官の認証文言付きの書類原本またはコピー)の取得方法および制度の詳細については、法務省のホームページをご参照ください。
「法定相続情報証明制度」について(法務省)


 4.ご親族の現住所がわかる本人確認書類(運転免許証コピーなど)

 5.代理人である弁護士・司法書士の確認書類

情報開示手続きに関する受任通知(開示対象者・ご親族のお名前・弁護士・司法書士のお名前・事務所住所が確認できるもの)

※受任通知がない場合は、以下の3点が必要になります。

委任状[PDF:110KB](委任者の実印が押印されたもの)

・ご親族の印鑑登録証明書

・弁護士会・司法書士会発行の証明書または職印証明書


 6.手数料

1,000円(税込)

※お名前ごとに手数料が必要です。

※ゆうちょ銀行または郵便局で発行している定額小為替1,000円分(額面)をお求めのうえお送りください。

※ご購入の際には、額面金額とは別に手数料がかかります。

※有効期限内(発行日から6ヵ月以内)のものをご送付ください。

※記入欄には何も記入せず、そのままご送付ください。

※登録情報がない場合でも手数料はお返しできませんので、ご了承ください。


 <書類送付先>
   〒530-0003
   大阪府大阪市北区堂島1-5-30 堂島プラザビル6階
   株式会社日本信用情報機構 開示窓口宛

 <開示結果の送付>

開示結果はご親族宛に簡易書留(親展・転送不要)で送付いたします。


本人確認書類に記載された「センシティブ(機微)情報」(本籍、出生地、国籍、免許の条件等)は不要ですので、原本およびコピーの該当部分を塗りつぶしてお送りください。


なお、該当部分に塗りつぶしがないものについては、当社で本人確認書類の確認段階において塗りつぶしの処理をいたしますので、予めご了承ください。

窓口の場合

 1.信用情報開示申込書(ご本人が亡くなられている場合)

※窓口に備え付けの申込書にご記入いただきます。


 2.亡くなられた方(開示対象者)の戸籍謄本(または抄本)、または除籍謄本

死亡除籍が確認できる発行日から3ヵ月以内の原本

※旧氏名(別名)での登録情報の開示をご希望の場合は、現氏名と旧氏名(別名)のつながりが分かる本人確認書類(「戸籍謄本(または抄本)等」)も必ずご送付ください。


 3.ご親族の確認書類

戸籍謄本(または抄本)等亡くなられた方の法定相続人、配偶者または2親等以内の血族であることが分かる書類。

※「2.亡くなられた方(開示対象者)の戸籍謄本(または抄本)、または除籍謄本」と兼用可能です。


※ 法務局発行の「法定相続情報一覧図」(登記官の認証文言付きの書類)をご利用になる場合
法務局発行の「法定相続情報一覧図」(登記官の認証文言付きの書類原本)をご提出いただく場合は、上記「2.亡くなられた方(開示対象者)の戸籍謄本(または抄本)、または除籍謄本」および「3.ご親族の確認書類」としての「戸籍謄本(または抄本)、または除籍謄本」のご提出は原則不要です。
法務局発行の「法定相続情報一覧図」(登記官の認証文言付きの書類原本)の取得方法および制度の詳細については、法務省のホームページをご参照ください。
「法定相続情報証明制度」について(法務省)


 4.ご親族の現住所がわかる本人確認書類(運転免許証コピーなど)

 5.代理人である弁護士・司法書士の確認書類

情報開示手続きに関する受任通知(開示対象者・ご親族のお名前・弁護士・司法書士のお名前・事務所住所が確認できるもの)

※受任通知がない場合は、以下の3点が必要になります。

委任状[PDF:109KB](委任者の実印が押印されたもの)

・ご親族の印鑑登録証明書

・弁護士会、司法書士会発行の証明書または職印証明書


 6.手数料

現金1,000円(税込)

※お名前ごとに開示手数料が必要です。

※登録情報がない場合でも手数料はお返しできませんので、ご了承ください。


 <開示結果の送付>

開示結果はご親族あてに簡易書留(親展・転送不要)で送付いたします。

【注意事項】

複数氏名での開示手続きをご希望の方
複数氏名(現姓と旧姓など)での開示をご希望の場合、お名前ごとに開示手数料が必要です。


開示結果を本人限定受取や速達での受け取りをご希望の方
所定の手数料をお支払頂くことにより、速達、本人限定受取郵便で開示結果をお受取いただけます。
詳しくはこちら

2親等以内とは?

親等図