よくあるQ&A
HOME > よくあるQ&A > 開示全般についてのQ&A

開示全般についてのQ&A

 <開示とは>
信用情報機関に登録されている消費者ご本人の信用情報(ローンやクレジットなどの契約内容や支払状況等に関する情報)を確認することです。
 
 <本人申告コメント登録とは>
お客さまご本人からの申告内容を「本人申告コメント情報」としてJICCが保有する信用情報に登録することです。
登録できるコメントは以下の内容です。

・運転免許証や健康保険証など、本人確認書類の紛失・盗難にあった場合のコメント
・名義を第三者に悪用される可能性がある場合のコメント
・同姓同名の別人がいる場合のコメント
・保証人となることを拒否する場合のコメント

開示ではどのような情報を確認することができますか?
JICCの加盟会員である消費者金融会社やクレジット会社、金融機関等におけるローンやクレジットの契約内容や返済状況などに関する情報が確認できます。
また、JICCが独自に収集した情報(本人申告コメント情報)も確認できます。
なお、登録期間が経過したものは確認できません。

登録内容と登録期間についてはこちら
本人申告コメント情報についてはこちら

» 関連するQ&Aはこちら
他の信用情報機関に登録されている信用情報も開示することはできますか?
他の信用情報機関に登録されている信用情報をご確認されたい場合は、各機関の開示制度をご利用ください。

自分の信用情報を確認するにはどうすればよいですか?
ご自身の情報の確認は、スマートフォン・郵送または窓口にてお手続きいただけます。

開示手続きについてはこちらをご覧ください。
自分の情報を確認したいのですが、開示申し込みに必要な本人確認書類は何ですか?
開示方法により異なりますので、詳細は以下よりご確認ください。


なお、旧姓や別名で開示する場合は、上記所定の本人確認書類の他に現氏名と別氏名(旧姓や通称名等)の繋がりがわかる本人確認書類(戸籍謄本の原本等)もご用意ください。
代理人からの申し込みはできますか?
スマートフォンからのお手続きを除き、お申し込みいただけます。
お手続きの詳細は、「信用情報の開示手続き」よりご希望のお手続き方法を選択のうえご確認ください。
家族の借入状況を確認できますか?
信用情報の開示につきましては、ご自身の登録情報を確認するものですので、原則ご家族の情報を開示することはできません。
ただし、「法定代理人の方」や、「亡くなられた方の法定相続人、配偶者または2親等以内の血族の方」は開示手続きを行うことができます。

家族が本人に代わって開示申し込みする場合、必ず本人からの委任状が必要ですか?
必要です。
情報開示は原則、ご本人からのお申し込みが必要になりますので、家族であってもご本人の了承なしでのお申し込みはできません。
入院中で意識の無い方の開示請求を親族が行うことはできますか?
開示はご本人の意思のあることが前提となりますので、そのような場合は法定代理人でない限りは開示することができません。
本人が亡くなっていても、開示手続きはできますか?
亡くなられた方の信用情報については、法定相続人、配偶者または2親等以内※の血族の方が開示手続きを行うことができます。
必要書類等についてはこちらよりご確認ください。

※1親等:本人の両親と子
 2親等:本人の祖父母、兄弟、姉妹、孫
海外に住んでいますが開示することはできますか?
本人確認書類、郵送方法、開示手数料等について、事前に確認と説明をさせていただきますので、当社お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
(開示手続きの条件に合わない場合があることもご了承願います。)
電話やメールで情報を確認することはできますか?
申し訳ございませんが、本人確認が難しいこと、また、プライバシー保護の観点から電話やメールでの情報の開示は行っておりません。
開示手数料はいくらですか?
1氏名あたりの開示手数料は以下のとおりです。
※1氏名ごとに開示手数料がかかります。
(例えば、現姓と旧姓を両方開示する場合は 1氏名×2=2氏名分の開示手数料が必要です。)

【窓口でお申し込みの場合】 500円(現金のみ)
※任意代理人からのお申し込みの場合は開示結果をご本人に郵送でお送りするため、開示手数料が1,000円となります。

【郵送・スマートフォンでお申し込みの場合】 1,000円(税込)
※クレジットカード支払いの場合も1,000円(税込)。なお、お支払いは1回払いに限ります。
※コンビニエンスストア・ペイジー対応銀行ATM・オンラインバンキングの場合は、開示手数料とは別に支払手数料がかかります。
開示手数料の支払い方法について教えてください。
開示方法により支払い方法は異なります。

【窓口開示の場合】
・現金のみ

【郵送開示の場合】
・定額小為替証書
・クレジットカード(1回払いのみ)
JCB、VISA、MasterCard、AMERICANEXPRESS、Diners Club

【スマートフォン開示申込の場合】
・クレジットカード(1回払いのみ)
JCB、VISA、MasterCard、AMERICANEXPRESS、Diners Club
・コンビニエンスストア
セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、デイリーヤマザキ、ミニストップ
・金融機関のPay-easy(ペイジ―)ロゴがあるATM
・Pay-easy(ペイジ―)対応オンラインバンキング
※オンラインバンキングの利用については、別途金融機関との契約が必要です。

» 関連するQ&A①はこちら
» 関連するQ&A②はこちら
» 関連するQ&A③はこちら
開示結果を速達や本人限定受取郵便で送ってもらうことはできますか?
スマートフォンによる開示申し込みの場合を除き、別途手数料をお支払いいただくことで可能です。
お支払い方法は定額小為替証書又はクレジットカードとなります。
※切手不可
手数料等お手続きの詳細はこちら

» 関連するQ&Aはこちら
開示結果は手続きを完了してから何日くらいで届きますか?
申込方法や郵便事情にもよりますが、申込内容に不備が無ければ通常1週間~10日程度で届きます。
郵便、またはスマートフォンからの申し込みで、開示結果の送付先を指定できますか?
申し訳ございませんが、送付先の指定はできません。
開示結果は、現住所へ「簡易書留(親展)」で送付いたします。
開示結果の発送状況を教えてもらうことはできますか?
ご本人からお電話をいただければ、回答しております。
氏名と生年月日だけで情報の確認はできますか?
氏名と生年月日だけでは情報の確認はできません。信用情報開示申込書にご記入いただいた氏名・生年月日、住所、電話番号、運転免許証番号等の本人確認書類の番号から、本人と判定された情報が開示対象となります。
現在住んでいる所と異なる住所や電話番号で契約した借入情報も確認する事はできますか?
信用情報開示申込書にご記入いただいた情報でお調べしますので、信用情報開示申込書の前住所欄に以前のご住所や電話番号をご記入ください。
ご本人の情報と確認できた場合は、開示いたします。
住所の名称が区画整理等で変わっていますが、信用情報開示申込書にはどう記入したらよいですか?
お手数ですが、区画整理前と後の両方のご住所の記載をお願いいたします。
前の住所がたくさんあり、前住所欄に書ききれない場合はどうしたら良いですか?
開示申込書の余白または別紙に前の住所とわかるように記載してください。
旧姓・別氏名の情報の確認はできますか?
スマートフォンからの申し込みを除き、ご確認いただけます。お手続きの詳細は以下よりご確認ください。

窓口での手続き方法はこちら
郵送での手続き方法はこちら
旧字体で例えば(名前の)高と髙という文字では出てくる情報が違いますか?
旧字体で記載されても、開示内容に影響はございません。
登録されている情報は依頼すれば訂正・削除できるのですか?
登録内容が事実であれば訂正・削除することはできません。

» 関連するQ&A①はこちら
» 関連するQ&A②はこちら
» 関連するQ&A③はこちら
登録情報を編集して開示してくれませんか?
登録情報の編集等はできません。
英語版の開示書はありますか?
登録情報は全て日本語のため、英語による開示書は作成しておりません。
私が情報開示を申し込んだ事実をJICCの加盟会員が知ることはありますか?
お客さまが開示した事実を加盟会員が知ることはございません。
開示申し込みをして、手数料支払完了後にキャンセルはできますか?
申し訳ございませんが、開示申し込みをして手数料支払完了後のキャンセルは受け付けておりません。