よくあるQ&A
HOME > よくあるQ&A > 信用情報の登録と利用に関するQ&A

前のページへ戻る

信用情報の登録と利用に関するQ&A

支払いが遅れた場合、ブラックリストや事故情報として情報が登録されるのでしょうか?
JICCにはブラックリストや事故情報というものはありません。
JICCが保有している信用情報は、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
自己破産をして免責が確定しましたが、引続きその契約に関する情報が登録されているのはなぜですか?
破産手続きにより免責が確定した場合、債権者である会員会社(消費者金融会社、クレジット会社等)に対して、必ずしも裁判所から通知があるわけではありません。
そのため、JICCに加盟している会員会社が、免責を知らず情報を更新することができない場合があるようです。
お客さまがローンなどをご契約されている会員会社に免責確定の事実を証明できる資料をご用意の上、通知されることをおすすめいたします。
会員会社側で免責確定の事実を確認できた際には、その債権について会員会社から免責確定の日付で完済報告が行なわれます。
会員であれば、いつでも情報を利用できるのですか?
JICCの会員会社が信用情報を利用できるのは、お客さまの返済・支払能力の調査に限られております。また、会員会社に対しては、信用情報機関から提供された情報を与信審査以外の目的で利用してはいけないことを契約書などで定めており、会員会社がこれに違反した場合は、情報の利用停止や除名などの罰則の対象になります。
情報の登録と利用について、本人の同意は得ているのですか?
JICCでは、情報の登録や利用に関する事項を消費者ローンやクレジットの申込書・契約書などに明記し、お客さまから同意を得ることを会員会社に義務付けています。
日本信用情報機構に登録されている信用情報は、どのくらいの期間登録されるのですか?
契約継続中および完済日から5年を超えない期間です。
登録期間の詳細はこちらをご覧ください。
登録期間で「発生日から5年を超えない期間」の「超えない期間」とはどういう意味ですか?
JICCに加盟している会員会社の退会や、法的申し立ての取下げがあった場合などで、
5年を経過する前に情報を削除する事があるため、このような表記になっております。
保証人になっている場合、当該内容は登録されますか?
個人のお客さまとの契約に係る保証人の情報は登録されません。
ただし、法人のお客さまとの契約に係る保証人の場合は、保証を引き受けた事実が登録される場合があります。
日本信用情報機構は他の信用情報機関情報と交流を行っていますか?
JICCは、全国銀行個人信用情報センター、(株)シー・アイ・シーと三機関でCRIN(Credit Information Network)という相互交流ネットワークを構築し、延滞などの情報および紛失・盗難、同姓同名の別人に関する本人申告コメント情報といった一部情報の交流を行っています。
また、貸金業法の指定信用情報機関制度に基づき、(株)シー・アイ・シーとFINE(Financial Information Network)という相互交流ネットワークにより、貸金債権に関する残高情報等の交流を行っています。
交流に関する詳細はこちらをご覧ください。
3ヵ月以上返済をしていなかった借入れについて、先日一部入金した後に信用情報を開示したが、延滞情報(3ヵ月以上延滞の情報)が登録されていた。この延滞情報はいつ消えるのでしょうか?
延滞解消となる入金をされ、会員会社から延滞解消の報告がされたときに、延滞情報が抹消され、新たに延滞解消の情報が1年間登録されます。