企業情報

会員管理の状況

JICCでは、会員会社が適正に信用情報を照会・登録し、消費者の返済・支払能力を確認する目的のみ信用情報を利用することを確保するために一定の資格要件および信用情報の取り扱いに関する規定を設けています。
また、加盟後においても利用状況のモニタリング、不適切利用に対する罰則適用までの厳格な運営規定を設け、信用情報の保護に努めています。

会員会社の入会資格と遵守事項

入会審査の体制

入会申込時においては、信用情報の適正利用・消費者保護を含めた安全管理体制の確認などを外部の有識者も入れた委員会などを設置し、厳格な入会資格審査を実施しています。

<審査の流れ>

入会審査前調査
 加盟を希望する企業に対して、会社概要、個人情報保護体制、利用商品などの確認ができる書類をご提出いただき、その内容をJICC独自の方法により調査しています。
第一審査(資格審査委員会)
 外部の有識者および常勤役員から構成される資格審査委員会にて、加盟を希望する企業が会員資格を満たしているかを厳正に審査しています。
最終審査(取締役会)
 第一次審査の結果を踏まえて、JICC取締役会にて最終審査を行い、加盟を希望する企業が会員資格を満たしていることを確認しています。

利用状況のモニタリング

加盟後においては、目的外利用などの規約違反が発生しないよう、会員会社の日々の利用状況について常にモニタリングを行っています。必要に応じてJICCから、会員会社が信用情報を照会した消費者の方にご連絡を差し上げ、申込事実の確認等を行い、適正利用の確保に努めています。
また、信用情報の安全理措置が継続して維持されていることを実地調査などを通じて確認をしています。

加盟利用状況のモニタリング